気になるほくろ、皮膚科で保険適用で取れた話

先日。

ふと鏡を見たら、鼻の下にうっすらあったシミが濃くなっていることに気づき

「なんかめっちゃ老けて見える!」

と思って、どうしようかと考え……

ちょうど数カ月前、知人から「皮膚科に行くと、液体窒素でシミを焼いて取ってくれる。保険がきくからすごく安かった」という話しを聞いたことを思い出し、かかりつけの皮膚科に行ってみました。

シミじゃなくてほくろだった

病気でもないのに、皮膚科に行ってもいいものだろうかとちょっと悩んだのですが

最近お受けしている医師へインタビューする仕事で、ほとんどの医師が「ちょっとしたことでも相談してほしい」「こんなことで病院に行ったら怒られるかなとか、思わなくていい」と言っていたことを思い出して

「行ってしまえ!」と来院したわけです。

で、先生に

「どうしました」

と言われて

「シミが気になるんです」

とちょっとドキドキしながら伝えたら、ごく普通に

「どのシミ?」と聞かれました。

(なあんだ、美容皮膚科みたいな勢いで対応してもらえるんだ!)と思いながら、ここ、と鼻の下を指さすと、拡大鏡で見て

「これ、シミじゃなくてほくろですよ」

と……!

なんと。

「CO2レーザーで焼いて取れますけど、取りますか?」

とあっさり聞いてくれました。

ほくろは、皮膚科で保険で取れる!

おおお……

しかも保険が使えるって!!!!

 

私はほくろができやすい体質で、20代の頃、エステのほくろをレーザーで取るコースを契約し、数万円払って20個ちかいほくろを取った経験があるのですが……

 

近所の皮膚科で、しかも保険でほくろって取れるんだね!!!!

 

知ってたら最初から皮膚科に来てたよ……。

 

ついでに他の気になるほくろもとってあげるよ、と先生に言われて、口元にあったほくろを3つ取ってもらうことに。

ベッドに横になり、患部にまず麻酔を打ちます。

この麻酔をしてくれるってところも、皮膚科ならでは。エステじゃ麻酔なんてないので、痛いのをひたすら耐えていました。

麻酔は比較的すぐにきいて、5分ほど待ってからレーザーで気になるほくろを焼き切りました。

あっというまです。

 

処置の方法としては、ほくろをレーザーで焼いて取ってしまい、その上に再発を防ぐためもう一度レーザーを打ちます。

で、お薬塗って絆創膏をつけて終わり。

レーザーを打ったその後

レーザーを打ったあとは、表面の皮膚が取れているので、少しだけへこんだみたいになっています。で、そこをできるだけきれいに治すため、お薬をつけて、下の皮膚ができるまで絆創膏を張り、乾燥させないようにと指示されました。

だいたい2週間が目安だけど、1週間後に見せに来てね、と言われて終わり。

で、ほかにも気になるシミがあったので

「シミに塗るお薬もらえますか?」

と聞いてみたら、あっさりハイドロキノンが配合されたロート製薬のお薬を処方してくれました。

DRXという薬で、約2,000円。こちらは自費。

ケシミンも薬局で買うとそれくらいの値段がしたと思うのですが、病院で処方される薬のほうが効果はありそう。

というわけで、目元の気になるシミに塗っています。

シミもほくろも、気軽に皮膚科に相談して良かった!

病院って、敷居が高いじゃないですか。

特に病気でもなくて美容目的なのに、「美容」じゃない一般の医院に行くのって駄目なんじゃないかって思ってたけど、全然そんなことありませんでした。

あっさり気になる部分にレーザーしてくれて、お薬もくれて、しかもレーザーは保険適用!

 

何でもっと早く皮膚科に相談しなかったんだろうとしみじみ思います……

 

シミやほくろで悩んでいる皆さん!

近所の皮膚科で相談してみて!

私は、ほくろを3つ取って、ハイドロキノンのお薬もらって、8,000円くらいでした。

美容専門のクリニックに行ってレーザーやるのと比べたら、ずっと割安だし、地元のクリニックなら交通着もかかりません。とても良かったですよ(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です