【イラン旅行】ヤズド周辺ツアー、沈黙の塔&Saryazd Fortress&雪山

幼稚園でお芝居を観たあとは、ゲストハウスに戻りヤズド近郊の日帰りツアーに出かけます。

確か50ユーロで太陽の塔を含めた3ヶ所ほどを回るというツアー。

ゾロアスター教のお墓である太陽の塔はぜひ見たいと思っていたので、予約してみました。

太陽の塔……登るのがツライ

ヤズドから車で約1時間。

5月初旬だというのに、突き刺すような日差しとかなり高い気温に包まれるゴロゴロした荒れ地の中に太陽の塔がありました。

太陽の塔は2つ並んで立っていて、向かって右側にだけ整備された長い階段があります。

灼熱の太陽の下、ハァハァ言いながら階段を上ります……

ちょっとつらい。

塔のてっぺんには、中央にただ1つだけ穴が空いてます。

あの中に遺体を入れて、鳥が食べることで弔っていたのですね。

ちなみに、穴はけっこう深く、今は石がゴロゴロしているだけでした。

 

他には何も見るものはなく、日差しを遮るものもないので、階段を下りてもう一つ、隣の塔にも上ってみることに。

こちらは砂利のスロープ。

野性味あふれる感じです。

整備された太陽の塔には、ファミリーやおじいちゃんおばあちゃんも登っていましたが、こちらは若いカップルと私だけがチャレンジ。

頂上も同じように野性味あふれる感じ。

中央に穴が空いています。

太陽の塔から見下ろしたヤズドの町がこちら。

ヤズドって、広い町なんだなぁ……

太陽の塔はガイドブックにもけっこう大きく掲載されているのですが、見るところはそんなになくて、ただひたすら体力を使う場所でした。

Sar Yazd Castle

次に向かったのが、Sar Yazd Castle。3世紀から6世紀ころの城跡です。

茶色い土の城壁に囲まれたこの外観は、まさに「城跡」!

ヨーロッパから来た団体の観光客もいました。

雰囲気たっぷりだし、ちょっと観光地っぽくなってる……

考古学好きな人とかワクワクしちゃう感じだよね!

さらに中に入ると……

これはすごい!

ほぼ当時のまま残されているのかな。

狭い通路に狭くて小さな手すりのない階段、そして穴倉のような部屋が続きます。

階段は自由に登ることができて(かなり怖いけど)

屋根の上に上がって、城跡を見下ろすことも!

迷路、迷宮みたいで面白いです。

保存状態、かなり良いのでは……

ところどころ穴があいているのは、崩れているのではなく、明かりを取るためなのではないかと思います。

部屋の中も自由に入ることができます。

とは言っても、真っ暗な部屋も多いので、スマホの懐中電灯を使いながら……。

ここは、壁に明り取りの窓が開いていました。

床には石が転がっていますが、ここに人が住んでいたときはペルシャ絨毯が敷かれていたのかもしれません。

床に穴が空いている部屋も。

なんの穴だろう?

壁に沿ってくぼみがある部屋。

用途は全く不明。

階段を上って屋根の上を歩いていると、どこから来たのか、どこから降りられるのかが分からなくなります。

それも面白いんだけど、狭くて急な階段を下りるのはすごく怖かった!!

雪を抱く山を訪れる

このあと、レストランに寄って食事をした後、山に向かって車を走らせます。

グランドキャニオンみたいな地層が見えるゴツゴツした山を見ながら、険しい道を上がっていくと、雪を抱く山頂が見えます。

5月で、街の中はあんなに暑いのに、車で数時間のところには雪が残る場所があるというのがとても不思議です。

イランってなんて魅惑的……!

車を降りて、雪解け水が溜まるという池まで歩きました。

透明な水がたたえられた池。水はとても冷たくて、「すっごくいい場所だなあ……」と深呼吸。

ふと振り返ると……

女の子が水たばこを片手にピクニックを楽しんでいました。

すてきだ……!!!

イランの魅力にたくさん触れたツアーとなりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です