Category Archives: 未分類

  • 0

新年おめでとうございます

Category : 未分類

2016年ですね。
天候に恵まれた年明けになりました。

いつか整体を仕事にしたいと思いながらも、まだ先の事だろうと思っていましたが、
流れに乗って開業する事が出来た昨年。
目まぐるしい一年間でした。
ふんわりのスタートに力をかして下さった皆さま、そして整体を受けて下さった皆さま。
多くの方にお世話になりました。
ありがとうございます。

2015年の大晦日は、実家で家族を相手に整体をしていました(^^)

2016年。
どんな一年になるのでしょうか。

皆さまにとって、皆さまのお友達やご家族にとって、幸せで穏やかな年でありますように。

日比谷花壇2016新年のお花


  • 0

良い眠りに枕は不要

Category : 未分類

先日、身体の歪みと質の良い眠りについて書きましたが、眠りについて、もう一つ。

眠りが浅い、良く眠れるために、と高価な枕を買い求める方も多いようですが
整体を行っている身から言わせていただくと、枕は必要ありません。
眠りが浅いのは身体の歪みが大きいからです。
私自身も10年近く枕を使用しておりませんし、私の信頼する整体師の方々も揃って「枕は使わない」と言います。

せいぜい、タオルを畳んで頭の下に入れるくらいです。高さにして2センチほどでしょうか。
何故か?

枕を入れて頭を高くした体勢というのは、うつむいている体勢と同じです。
首の後ろ、肩の筋肉が前へ引っ張られて余分なプレッシャーが与えられてしまうのです。
リラックスしていない筋肉は血流が悪くなり、結果痛みを引き起こします。
また、女性であれば気になる首の横シワ。
これも枕により寝ている間、うつむいている姿勢が続く事が原因であると言われています。

ささやかな自慢ですが、枕を使わない私の首に、横シワはありません。

高価な「よく眠れる」枕を買い求めるよりも、きちんと身体の歪みを整えれば、枕は無しでも熟睡できますし
首のシワも出来ません。
何より、身体が楽になり、無理のない自然な心地よさが持続します。

一つ注意したいのは
身体の歪みはマッサージでは治りません。誤解されがちですが、整体とマッサージは違います。
筋肉を押して刺激するのではなく、緩めてあげなければ根本的な解決にはなりませんよ。


  • 0

ブタの話

Category : 未分類

整体について書こうと思ったのですが、ふと頭に浮かんだのが、この間あったブー子ちゃんでした。

ふんわりは宮前区神木本町にあるのですが、非常に静かな住宅街です。

近くに採れたての野菜を売りにくる地元の農家さんや、山梨から仕入れた無農薬野菜を扱う酒屋さんがあり、ちょくちょく買い物に行くのですが

先日、野菜を買って自宅へ戻る最中、ふと脇に逸れる道を見ると、大きくて黒い生き物が、製鉄所(?)の傍に。

犬?!と思ったのですが、シルエットが違う。

近づいて見てみると、紐で繋がれた黒毛の豚でした。

ブタが、豚が住宅街にいる!!とちょっとびっくりしていると、向かいの建物からおじさんが出てきました。

お話を伺うと、おじさんが飼っているペットのミニブタ、ブー子ちゃん(確か14歳)で、散歩の途中だそう。

川崎には豚を飼っていてしかも散歩させている人がいる!!とかなりビックリ。

いまはかなり成長したブー子ちゃんですが、小さい頃におじさんのお腹の上に乗せてもらっていた事が忘れられなくて、今でもお腹の上に上りたがる、というような話をしてくれてたのです。

しかも話の最中にもブー子ちゃんが私の足に鼻を近づけて、フンフンと。

ブタにニオイを確認されるのなんて、初めての経験。

ふと、これだけ大きいブタ(ミニブタという事ですが、かなり大きいのです)って何を食べるのだろうと思って、おじさんに聞いてみたところ

「ドングリが好きなんだよ」

と!

え、ドングリ?!

ブタって木の実を食べるの?!

ビックリの私に、近くにある森林公園に散歩に連れて行くと、まるで掃除機で吸うかのようにドングリを食べるんだよ、と教えてくれました。

おじさんとブー子ちゃんと別れて歩きながらふと思い出したのは、「クマのプーさん」の物語。

私はディズニーアニメは見ていなくて、ミルンの小説の翻訳しか読んだことが無いのですが、確かあの物語の中でも、繰り返し

「コブタはドングリが大好物で」

と書かれていたのです。

当時は「ブタがドングリなんて食べるわけない、これはファンタジーだ」と思い込んでいたのですが

本当だったのですね。

私がミルンの「プーさん」を読んでいたのは、なんと約25年前。25年を経て、本物のブタと飼い主さんに間違った認識を訂正してもらいました。


  • 0

お詫び(予約フォーム不具合)

Category : 未分類

このホームページは、自分で作成しているのですが

予約フォームの予約日時入力欄が、ブラウザによっては表示されなかったことが本日判明しました。

お電話で予約を下さったお客様に教えていただき、インターネットエクスプローラとFire foxで試してみたところ、予約フォームが使えないという事実に、今更気づいた次第です。

私が普段、GoogleChromeしか使わないもので、他のブラウザでの動作確認をしていませんでした…(汗

今まで予約が出来ない!とご迷惑をかけてしまった方がいるかもしれない、という事にひたすら申し訳ないです。

そして、本日 予約フォームの不具合を教えて下さったS様、ありがとうございました。

勉強になりました。本当に。


  • 0

手で触れられる心地よさを

Category : 未分類

 

整体をしていて、受けて下さる皆さまから

「手が気持ちよかった」

「あったかくて気持ちいい」

というお言葉をよくいただきます。

ふんわり ゆるゆる整体 手技

ふんわり ゆるゆる整体 手技

「気持ちよかった」

というお言葉だけでも嬉しいのですが、あるとき、ふと思いました。

現代の日本に、大人として生活する私たちは積極的にだれか他の方の身体に触れる機会があまりありません。

とても親しいパートナーが身近に居れば別ですが、家族、友人ともある程度の距離感を持って接しています。

海外の方ならハグをする機会もあるのでしょうが、日本人だと握手をする事も少ないですよね。

けれど自分以外の誰かの体温に触れる事はとても大切で、それだけでも癒しになるし、リラックスします。

本能的に人々は第三者の体温を求めていて、けれどなかなか得る機会がない。だから遠慮なく触れる事が出来て、温もりを分け合える犬や猫といったペットが必要とされているのかもしれません。

 

さて、話を戻しますが、ふんわりの整体では、足や手に触れる時間がとても長いです。

マッサージのように「揉む」のではなく、ただ「触れ」ています。

整体としての意味はもちろんあるのですが、受けていただく方には、頭をからっぽにしてただ、皮膚の感覚で

「触れられている」事を味わっていただきたいと思います。

 

生きているもの同士が触れ合うのはとても原始的なコミュニケーション。

触れてるところから「気」の交流も生まれます。

整体の時間は、身体の歪みを整えつつも、五感のうちの一つ、「触感」を改めて感じる良い機会になるでしょう。


  • 0

立った時の感覚が変わる

Category : 未分類

整体が終わって床の上に立ってもらった時、

「あ、ちゃんと立ててる感じがする」

「足がしっかりしてる」

と仰る方が複数いらっしゃいます。

ある方は

「足の底が床にたくさん触れているのが解る。ゾウの足になったみたいです!」

と嬉しそうに話してくれました。

これは、足が太くなったという意味ではなく、しっかりとグランディングしているのが解る、という意味でした。

ふんわり ゆるゆる整体 手技

ふんわり ゆるゆる整体 

整体をして身体のゆがみが整うと、重心が身体の中心に戻ってきます。

重心が左右にぶれていたり、上の方にあってフラフラしていたのが、正しい位置に戻ると、「しっかり立てている」「重心が下にある」という感覚になるのです。

本来であれば、それが自然の状態なのですが、どうしても日常生活の身体の使い方の中で、身体にアンバランスが生じ、重心がずれていってしまいます。

ずれた重心のまま、けれど身体はなんとかバランスを保って、立ったり座ったり歩いたりしようとして、身体が歪んでいってしまうのです。

重心がずれている、バランスが悪くなっている、という自覚があるのは、とても身体に敏感な方で、多くの方は重心がずれている事にも気づかず毎日を過ごしています。

けれど、それも身体がなんとか日々の生活で動けるように頑張ってくれているおかげ。

定期的にバランスを整え、重心を真ん中に戻し、身体に「毎日がんばってくれてありがとう」と、お礼をして頑張りから解放してあげる時間を作る事は、健やかに毎日を生きる上でとても大切な事なのです。


  • 0

自分の身体と対話する時間

Category : 未分類

肩こりがつらい、背中が張っている、腰が痛い…

仕事でパソコンに向かう時間が長かったり、一日中立ちっぱなしだったり、座りっぱなしだったり。

移動時間についついスマホを触りすぎてしまって目が疲れていたり。

そんな自分の身体の「辛さ」には気づいていても

労わり、癒す時間を取っている人というのはとても少ないのではないでしょうか。

足が疲れたからゆっくり揉みたい、と思いつつも疲れてベッドに座った途端にバタンキュー、だったり

今夜こそストレッチをしよう、と思っていたのに、お風呂上りの一杯をやりながら、テレビを付けたままうたた寝してしまったり…

 

毎日生きているのは、生活しているのは、自分の身体があって

自分の思い通りに動いてくれるからこそ。

身体は我慢強いので、ちょっとの痛みには耐えて、そのうち慣れてしまって、「痛い」という事にすら気づかなくなってしまう事もあります。

ふんわりの整体では、受けている最中に「自分の身体の中の変化」を感じる方が多数いらっしゃいます。

「あ、今ここが動いているのが解ります」

「ここって触られるとこんな感じだったんだ…」

と、生まれた時から365日24時間つきあっている自分の身体の変化や感覚に気づく事も。

 

せわしない日常から少し離れ、ベッドの上に横になって

自分の身体と対話をする時間を持つ、という事は

実は、とても必要で、そしてとびきり贅沢な事なのかもしれません。

 

 


  • 0

営業日・営業時間

Category : 未分類

不定休。朝10時~夜20時まで、女性専用でご予約を受け付受けております。

※毎月第一月曜日は、整体の勉強会があるためお休みをいただいております。

【整体は完全予約制です。必ず事前にメールか電話にてご連絡下さい】

 

 


  • 0

メニューと料金

Category : 未分類

ふんわりでは、以下のように整体のコースと料金を設定しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆お手軽 20分コース 2,000円

【とりあえず辛いところだけ、さくっとゆるめてほしい。今日は時間が無い、どんな事をするのか、体験してみたい。という方】

筋肉ゆるゆるケアのみ行います。上半身中心か、下半身中心かを先に伺い、辛いところを中心に筋肉をほぐしていくコースです。

とは言ってもマッサージではなく、お客様の呼吸に合わせて身体を軽く揺さぶるだけ。

けれど確実にほぐれていくのが実感できます。

 

◆ベーシック 約50分コース 4,5oo円

【これでだいたい大丈夫】

お身体の状況、ご要望に合わせて、筋肉ゆるゆるケアと整体を組み合わせます。

整体は触れたり、なでたり、そっとさすったりするもの中心。バキバキする施術はありません。

身体がゆるみ、深いリラックスに入って半分寝てしまう方が大半です。

(お身体の状態により、時間は多少前後します)

 

◆たっぷりゆっくりリラックス 約90分コース 7,500円

【おススメ。ベーシックでは物足りないかた、もっとじっくり手当てしてほしい方】

お身体の状況、ご要望に合わせて、筋肉ゆるゆるケアと整体を組み合わせます。

ご希望の方には、ご自宅で簡単に出来るセルフ整体のレクチャーも行います。

 

◆座たままでハンドケア 約60分 3,000円

【指が痛くてグーパーしづらい方】

座ったままで出来る指のケアです。指の関節が軽くなり、動かしやすくなります。

手の整体も含まれますので、全身が整う効果も感じられます。

 

※その他、ご希望があればアレンジ可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 


  • 0

ふんわりの整体師は女性です

Category : 未分類

私は20代前半の頃から、腰や背中の痛みに悩まされ、多くのマッサージ屋さんや整体、カイロプラクティックを訪れました。

だいたいどこも男性の施術者が殆どで、たまに整骨院に女性がいるかな、くらい。

フットマッサージで有名な某チェーン店は女性が多かったけれど、「整体」を受けるところだと、女性の施術者はめったにいなかったように記憶しています。

私自身、人生で最初に受けた整体の先生が男性だったので、そういうものだと思っていたのですが、私が開業して整体をやらせていただいた時に、女性のお客様がこう仰ったのが印象的でした。

「女性が施術をするので、とても安心できます。本当にリラックスできる。男性の施術者だと、リラックスしているつもりでも、どうしてもどこか緊張しています」

なるほど。

確かにそうかもしれません。

私の先生も女性ですが、先生の施術を受ける時は、本当に任せきりになれます。

女性ならではの手の柔らかさ、あたたかさ、繊細なタッチ。ほっと出来るのです。

身体のどこに触れられても、大丈夫、という「女同士」という安心感がある。

気持ちがリラックスすることで、筋肉も一緒にゆるみます。

筋肉がゆるめば、骨も一緒に動きます。

もう「綺麗な身体」への第一歩がそこからスタートしているのです。

ふんわりの整体師は女性です

ふんわりの整体師は女性です

 

施術者が数名いる治療院ですと、男性の施術者にあたるか女性の施術者にあたるか、わからない事もありますね。

ふんわりの整体師は、私一人です。

女性の施術者が、心をこめてお身体に触れさせていただきます。