Author Archives: funwari

  • 0

ホームページがエラーになっていました

Category : 未分類

お客様と私の整体の先生であるこころの後藤先生からご指摘いただいて気づいたのですが

7月半ばくらいから、こちらのサイトが表示されない状態になっていました。

エラーが出ていることに気付いて修正を試みようとしたのですが、どこをどう直したらいいのかさっぱりわからず、お手上げ状態。

困った、一から作り直すしかないのか?

と頭を抱えていたのですが……

 

さきほど、思いがけないくらい簡単に直すことができました。

以前、いろいろ構文をいじっていた際に、うっかり入力した1文が余計だったようで、ようやくそれに気づいて1文を削除したところあっさり回復して拍子抜けしました。

より良いものを、と求めた結果が裏目に出ました。

 

けれど半月ほど、こちらを開いてもエラーしか表示されなかったので、方々にご迷惑をおかけしてしまいました。

この場を借りてお詫び申し上げます。

 

それにしても、整体と同じですね。

整体の施術でも、余計なことをしたばかりにせっかく整った身体を歪めてしまうということがあります。

まだ開業する前、練習をしていたときに

「まっすぐにしよう、きちんと直そう」

とやればやるほど、目指すところから遠ざかってしまったという経験があります。

そもそも人間の身体は完璧に左右対称ではないですし(内臓器官を見ても、肝臓は右にありますし、心臓はわずかに左よりです。そして多くの人が右利きです)「完璧」を目指すこと自体に無理があるのかもしれません。

何事もほどほどが良いようです。

仕事でもなんでも「完璧」を求められると苦しくなりますし、よけいな緊張になって失敗を招きますが、「失敗してもいいや」くらいの軽い気持ちで挑んだ方が、肩から余計な力が抜けて、予想外に良い結果が出たりします。

完璧を目指しすぎず、ほどほどに良いところを狙って、ゆるーく生きていきたいと思います(笑)

 


  • 0

姿勢が良いと肩こりは起きない!

Category : 未分類

先日、毎日着物で過ごしているという女性とお話をする機会がありました。

お茶の先生をしているという彼女はなんと80歳!

けれどとても若々しくお顔もツヤツヤ。

和室で向き合って座りながら彼女が言うには……

「私は毎日着物を着るので、帯を締めているでしょ。だから背中がいつもまっすぐ伸びているんですよ。猫背になりようがないの」

確かに!

着物には「猫背にならない」というメリットがあったんですね。

 

洋服で過ごす現代人は、簡単に背中を丸めることができます。背中がまるまると首も前へ出て、肩も前に巻いてしまい、どうしても姿勢の悪さから肩こりが起こりがちです。

椅子に座った時にテーブルに肘をついて上体を支える体勢を取る人もとても多いのですが、あれも肩こりの原因です。

着物を着ている人は所作の美しさにも気を配っているため、そういう姿勢をすることが無いですよね。

80歳には見えない若々しい彼女に

「肩こり、ありますか?」

と聞いてみたところ

しばらく考えてから

「そういえばありませんね」

という答えが返ってきました。

やっぱり!!

帯を締めることで背筋が伸び、内臓も正しい位置に収まります。

お肌がツヤツヤしているのは体内の循環も良く、無駄なものをため込まずにとても良い状態を保っているからでしょう。

これも姿勢が良く循環を妨げない状態をキープしているからだといえるのではないでしょうか。

 

日常的にきちんと帯を締めて着物を来て毎日を過ごす人は稀ですが、着物は素晴らしいアイテムだったんだな、と気づいた出来事でした。

 


  • 0

すっかり春めいています

Category : 未分類

気づけばもう2月も終わり。

早いもので来週は3月です。

 

すっかりブログの更新をさぼっていましたが、最近はさまざまな整体や鍼灸の先生とお話しをする機会が多くて、いろいろと学ばせていただいています。

巷には整体やマッサージ店が溢れていますが、私は基本、自分の加須にある自分の先生のところにしか行かないのでとても良い勉強になっています。

世の中にはこんな整体があって、こんな施術をしていて、先生はこんなことを考えているのか!と。

驚きの連続です。

 

いろいろな人に会うこと、話を聞くことって、とても大切ですね。

3週間もすれば春分です。

いろいろと楽しいことが増えそうな、そんな予感でいっぱいです!

 


  • 0

寒くなると、不調が出やすくなります

Category : 未分類

夏がすぎ、気づけばもう11月。
気温もだいぶ下がりましたね。

ふんわりが入居している建物の外装修復工事も今日で終わり。足場が撤去されます。
クリーム色だった外壁が白く生まれ変わり、だいぶモダンになりました。

さて、気温が下がったことから、それまで緩んでいた体が緊張してきた人が多いようで、不調を感じ、施術を受けに来られる方が増えています。
私も数年前にぎっくり腰をやりましたが、たしか11月でした。

体のトラブルが起きやすいので、無理は禁物。
少しでも「危ないかな」と思ったら、ケアをされることをおすすめします。
施術の際にお伝えしている「おうちで出来るセルフケア方法」も有効ですよ。

そうそう、ふんわりは生田緑地のばら苑も近く、歩いて20分~30分程度です。
この秋の公開は明日、11月6日で終了ですが、居心地の良い場所でした。
苑内で販売されているばらも2日からディスカウントされているとのことなので、まだ行っていない方はぜひ足をを運んでみて下さい。

 

生田緑地 ばら苑

生田緑地 ばら苑

生田緑地 ばら苑

生田緑地 ばら苑


  • 0

玄米は良いこと尽くし

Category : 未分類

先日、輸入食品を多く扱うお店で買い物をしていたら、後ろからこんな声が聞こえました。

「ねえ、うちも玄米にしない?」
「いやよ。玄米なんて硬くて美味しくないし、胃に悪いからダメ!」

ふりかえると買い物中の女子高校生とお母さん。
(ちょっと待って、それ全部違うぞ!)
と思ったものの、お母さんのほうは気軽に話しかけられる雰囲気ではなく……。
女の子もそれ以上は何も言わずに、お母さんの後について店内を歩いていました。

玄米は炊き方を工夫すれば、驚くほどに美味しく、そして白米とかなり近い食感に炊くことができます。
ただし、おいしく炊くには炊飯ジャーではなくてお鍋が必要。
もしかしたら高級な炊飯ジャーなら美味しく炊くことができるのかもしれませんが、私が以前持っていた安物のジャーでは、玄米モードで焚いても「炊けるは炊けるけれど硬い仕上がり」でした。

その後鍋で米を炊くようになり、白米と同じ方法で炊いていたのですが、これもやはり硬い仕上がり。
玄米はこういうものなのだと、私もずいぶん長い間思っていました。
ところがある日。
我が家に遊びに来た友人と話していた時に「玄米は炊き方で変わるよ」と教えてくれたのです!
それ以来、友人が教えてくれた玄米の炊き方をずっと実践し続けています。私がずっと続けているその方法は……

1 まず蓋つきのお鍋を用意します。
2 玄米を研いで水につけます。できるだけ長く浸けて水をしっかりと吸わせます。私は半日~24時間程度浸けています。
3 鍋に玄米と水を入れます。水の量は白米を炊くときと同じか少し多目。
4 ガスレンジ、またはIHの「一番弱い火力」で25分~30分炊きます。
5 25分~30分たったら、火力を一番強くします。
6 少しすると蓋の隙間から蒸気が出てきます。
7 このまま1分~2分待ちます。
8 1~2分すぎたら、再び火力を一番弱くします。
9 さらに30分、弱い火で煮ます。
10 30分たったら火を止めて、30分以上蒸らしましょう。
11 蒸らし終えるまで、蓋を開けてはいけません。

これで完成!
炊きあがったお米は、玄米特有の「一粒一粒がしっかりしている」感はありますが、「硬い」という仕上がりにはなりません。
もし気になるようであれば、少しもち米を混ぜたり、白米を混ぜると良いでしょう。

これね、お鍋で時間をかけて炊くので、本当に美味しく炊けるのです。
炊飯ジャーではこの仕上がりは無理。少なくとも私が持っていた炊飯ジャーで焚いた玄米とは雲泥の差でした。

玄米は食物繊維がとても豊富です。
私が玄米食に切り替えたのは約10年前ですが、それ以降で便秘を感じたことはほとんどありません。むしろ「超快腸」
玄米に切り替えた直後は、トイレで「腸の中のものが、スルッとぜーんぶ出た!」という感じで、腸が急に空っぽになったため、「空っぽ過ぎて、腸が痛い、痛いけど気持ちいい!」という感覚を得たほど。
トイレを出た後の身体の軽さといったら!
もうあれはね、人生でかなり上位の快楽の一つですよ。

そして、玄米が硬いから胃に悪い、という考え方は、一言。
「あなたがしっかり噛まないからです!」

しっかり噛んで食べることをしないと、顎も弱るし唾液の分泌も減ります。
唾液には消化酵素が含まれているため、唾液の量が減ると消化が悪くなります。また唾液が減って口の中が乾くと、口内で雑菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因にもなるのです。
普段柔らかいものばかり食べていたり、「しっかり噛んで食べる」ということをせずに良く噛まずに飲み込んでいるほうが、胃に負担をかけている可能性があります。

この後、店先で一人でいる女の子を見かけ、話しかけてみました。
「さっき、お母さんに玄米食べたいって言ってた?」
女の子が頷いてくれたので、美味しい玄米の炊き方を教えて、自分で買って炊いてごらん、と伝えてみました。
女の子は便秘で、それをどうにかしたい、と悩んでいたと教えてくました。
便秘も治るよ、と伝えたけれど、実践してみてくれたかなあ……。
今すぐでなくても、彼女が大人になって親元を離れ、一人で生活を始めた時、家庭を持って自分が家事をするようになったとき。
思い出してくれたら良いなと思います。

出るものが出なかったら辛いよね。
身体も重いし、肌の調子も悪くなるし。

何より、通常あるはずのものが無い、滞って出てこない、ということは不快でしかないのです。

玄米は食べにくい、硬い、と思っているあなた。
ぜひこれを見て、トライしてみて下さい。
お鍋は特別な鍋でなくて、煮物を作るような普通の鍋でOK。
玄米もまずは2キロくらいから買ってみれば良いと思います。

あの「全部出た!」快感。
1人でも多くの人に実感してほしいと、常々思います(笑)


  • 0

入り口が分かりにくくなっています(お知らせ)

Category : 未分類

すっかり秋の気配。朝晩は肌寒さを感じます。
寒くなってくると緩んでいた筋肉も硬くなるため、不調を感じやすくなりますね。

本日はお知らせです。
ふんわりが入っている建物は、現在外壁の塗装工事中。壁にペンキを塗っているので、表札を剥がしてあります。
そのため、初めて来る方にはちょっとわかりにくくなっています。

☆外壁の工事をしているため、建物周りに足場が組んであり、シートで覆われています
☆同じようにシートで覆われている建物が他にもありますが、「坂の上」にあるのがふんわりです
☆階段(スロープ)を上がってすぐの、手前の部屋です

先月から職人さんたちが来て毎日作業をしてくれています。
パステルイエローだった外壁が白くなり、しかも可愛らしくなっています!
工事が全部終わったときにどうなっているのか……楽しみです。


  • 0

身体が”動く”瞬間

Category : 整体の記録

気づけば夏至も過ぎて、6月も最終日です。
今年も半分過ぎてしまいましたね。あっという間でしたが、皆さんにとってどのような半年だったのでしょうか。

さて、先日ふんわりで施術を受けるのが3回目というお客様がいらっしゃいました。
ふんわりの整体ではお客様にただ寝ていてもらうだけではなく、前半はこちらの指示に合わせて呼吸していただいたり、手や足を動かしていただいたりという「共同作業」から始まります。

だいたい最初の方は「いったい何が始まるのだろう」という不安(?)と疑問で、途中まではしっかり覚醒されている方がほとんどです。
後半は私がどんどん身体に触れさせていただいて、お客様はただ横になっているだけになるので、そのあたりから眠りに落ちる方が増えます(笑)

3回目の施術を受けたこのお客様も、1回目はずっと起きてらして、お話ししながら施術をしました。2回目はけっこう早い段階で、ことんと落ちてしまうように寝てしまわれました。
3回目は、始まる前から本人が「今日はすぐ寝る気がする」とおっしゃっていて、最初の指示を出してタイミングに合わせて呼吸してもらうところから眠りに落ちてしまわれました。

早い!

この時だけは「起きてくださーい」とお声がけして、最初だけは起きていてもらったのですが、「共同作業」が終わったらすぐに半分眠りに落ちた状態に!

この時、不思議なことが起こるんです。
整体の施術の中で、お客様の手や足にただじっと触れている時間があるのですが、その時にお客様が眠っている状態(緊張がなく完全にリラックスしている状態)になると、手や足の骨がグニグニ、というかモゾモゾ、と動き始めるのです。

これはみなさん共通していて、触れていて「骨が動き出してる」と思って確かめると、だいたい寝息を立てていらっしゃいます(笑)

人間の身体には自然治癒力があり、身体の歪みも寝ている間に自動的に整おうとしています。
ちょっとした歪みであれば、睡眠時間で修復が可能なのです。
皆さんのお体に触れさせていただきながら「リラックスしていると身体ってかってに動くんだなぁ~」ととても感慨深い気持ちになります。

もちろんある程度の歪みであれば睡眠中に整うのですが、自分で整えられる範囲を超えた歪みになると、寝ている間にも整えきれずに「なんかスッキリしない」という状態になってしまいます。

そうなったら、どうすればいいか?

施術中にお伝えしている簡単な運動をしていただくか、それが面倒だったり、それでも整わないと思ったら整体受けに来ていただくと良いかと(笑)
自分でもある程度は整えられますが、やっぱり人にしてもらったほうが効果が出ますし、何より気持ちが良いですからね。


  • 0

生理痛のはなし

Category : 未分類

先日、はじめていらしたお客様のお身体を見ていた時に
ふと、生理痛が辛いのではないのだろうかと思って聞いてみると、確かに、生理痛が重い、というお話をされていました。
生理痛というのは不思議なもので、ほとんど感じない、という人から、重すぎて倒れて救急車で運ばれたことがある、という人まで千差万別です。
見た目はいかにも健康的に見える人でも、病院で痛み止めの注射を打ってもらわなければ耐えられない、という人がいたり、ぱっと見では分かりませんね。

身体の歪みが原因で生理痛が起こることもありますが、それだけではありません。
生理痛の原因はいろいろです。

身体の歪み以外からくる、生理痛について今日は少し触れてみたいと思います。

生理痛の原因の一つに、血行の悪さがあります。
つまり、運動不足です。
もちろん筋肉が緩んで身体が整えば、血流やリンパの流れも良くなりますが、どうやらこれだけでは生理痛が改善するには、いまひとつ力不足の様子。
適度に運動をして、筋肉をきちんと機能させると、むくみの改善にもなるうえに生理痛の改善にもなるのです。

これは私自身の身体での体験でもありますし、思い当たる方もいるのではないでしょうか。
ちなみに実体験でいえば、一ヶ月ほぼ毎日8分程度、室内で出来る軽い運動をしただけで生理痛はほぼ感じないまでに改善しました。
そして運動をしない期間が半年になると、夜中に目が覚める程度の生理痛に見舞われます。
人によって筋肉量をはじめ条件が違うので、一概には言えませんが、身体に歪みがほとんどない方であれば、つらい生理痛はある程度の運動を習慣化することで改善されるのではないかと考えています。

そういえばここまで書いていて思い出したのですが
生理に関する話で言えば、面白いトリビアがたくさんあるのです!
また追って、書いていければと思います

生理痛に悩んでいる方。
それは身体の歪みが原因かもしれませんし、運動不足が原因かもしれません。
もしかしたらその両方かも。
どちらにせよ、身体は左右均等でバランスが良いほうが楽ですし、適度に運動をして筋肉がしっかりつき、全身の血行が良いほうが健康的です。
爽やかな毎日が続いていますので、ご自身の身体を向き合い、
必要があると感じたら、軽いランニングでも始めてみてはいかがでしょうか。


  • 0

90歳を過ぎても

Category : 未分類

いつの間にか春になりました。
曜日感覚や日付の感覚がすっかり薄れているのですが
気づけば春分も過ぎて桜が開花しているんですね。

私が住んでいる地域は急な坂がとても多いのですが
先日買い物の帰りに
その急な坂道に敷かれた階段を、ゆっくりゆっくり上っていくおばあちゃんをみかけました。
近づいて声をかけると
なんと大正11年生まれで90歳を過ぎているとのこと!
思わず
「若いですね!! とても90を過ぎているようには見えませんよ!!」
と大きな声が出てしまいました。

90を過ぎるとこういう道は大変でね、
と語るおばあちゃんでしたが
お顔はつやつやして目もとても綺麗で
本当に20歳は若く見えます。
小花柄のストールがとてもおしゃれに決まっていました。

勝手なイメージでしたが
90歳ともなると、外出も難しい
そう思い込んでいましたが
大きな誤りでした。
90歳を過ぎても急な階段を、ゆっくりだけれど自分の力で上ることができる。
そして90歳を過ぎても、こんなに美しく、しっかりとしていられる。

長寿ってすごい、
そしてそんな健康な肉体と精神を維持しているこのおばあちゃん、すごい、と
心から感嘆した次第です。

歳を重ねることと、健康の維持については次の機会にもう少し触れたいと思います。
本日は近所の森林公園で桜が咲き始めていたので
森林公園とご近所で撮影した、春の写真をシェアしますね。

神木本町

神木本町

神木本町

神木本町

東高根森林公園

東高根森林公園

東高根森林公園

東高根森林公園

東高根森林公園

東高根森林公園

東高根森林公園

東高根森林公園


  • 0

毒出しでむくみが消えた方のお話し

Category : 未分類

東南アジアで出会ったおじいちゃんのお話しです。

先日リフレッシュをしにマレーシアに出かけていました。
宿泊しているホテルの外を歩いていた時、二人連れのおじいちゃんに「日本人ですか」と声をかけられ、そのまま少し立ち話をしました。
一人の方はインドネシアに移住された方、もう一人の方は義弟さんで日本から初めてやってきたとのこと。
ところが義弟さんだけが何かに当たったようで、マレーシアに着いてまもなくおなかを壊し、赤痢のような下痢が続いてしまって何も食べられない、ということでした。

同じホテルに宿泊していることが分かり、お大事に、と声をかけて別れたのですが
その後またホテルのロビーでお会いし、出過ぎた真似かも、と思いながらも
「私、実は整体師なんですが…。筋肉が緩むと血行だのなんだのが良くなるので、内臓も元気になるかもしれません。よろしければ、少しやりましょうか」
と提案し、おじいちゃんたちが宿泊しているお部屋にお邪魔しました。

基本的な簡単な操法をいくつかしただけなのですが
「すごく気持ちが良い、これは良い」
と言っていただけて、バキバキしない整体、マッサージをしないという操法を何も説明せずとも解ってもらえたことに少なからず感激を覚えました。
気持ちが良い、と思えただけでも心がリラックスしますから、身体にも良い影響が出るはずです。

その後のお話しで、一年ほど前に足に丸太を落とし両足がひどくむくんでしまっていたのだけれど、おなかを壊したせいで何も食べずにお茶だけ飲んでいたら、むくみがすっかり取れてしまったのだと教えてくれました。
確かに足を見せていただいたところ、むくんでいるという感じではなく、むしろスッキリしたきれいなふくらはぎをされていたのですね。
食べ物に当たって下痢をしたことは確かにしんどいのですが、これは強制の毒だしですね、デトックスですね、とお義兄さんとお話ししました。
一年間まったく良くならなかったむくみは、ひどい下痢でスッキリ…。
食あたりというきっかけで身体が不要なものをドンドン外に出してくれたのですね。
旅先でつらい思いをされたかと思いますが、日本に戻って軽くなった身体でおいしく日本食を食べていて下さったら良いなあ、と思います。