【2020キプロス】パフォス滞在と観光

この記事は4月に書いていますが、キプロスに滞在したのは2020年の1月となります

キプロスの西にある町、パフォスには2020年1月23日から27日まで滞在しました。

パフォスでおすすめの宿、Pari Holiday Studio

私がパフォスで宿泊したのは、こちら。

Pari Holiday Studioです。

キプロスはジョージアと比べると物価が高く、ジョージアの約2倍。

宿泊施設もしかり。ジョージアではよくあった、1泊1,000円~2,000円台の宿はドミトリー以外はありません。

Pari Holiday Studioはゲストハウス・ホステルというくくりになっていますが、アパートメント1室まるごと貸し出しタイプ。共用部分はなく、全てプライベート利用でき、1泊約3,000円です。

ワンルームで、手前にベッド、中央がリビング、奥がダイニングとキッチン、その奥にバスルーム。

洗濯機もあって、無料で洗濯できるのが魅力でしたが、キプロスの洗濯機ってとにかく時間がかかる……!!!

2時間くらいかかります。

このベッドがとにかく寝心地が良くて最高!

すごくきれいに掃除されていて、清潔さも文句なしです。

テラス付。

オーナーは隣の家に住んでいます。陽気で人当りのいいおじいちゃんで、到着したときに「今朝採れたばかり」というオレンジをプレゼントしてくれました。

テラスから見える風景。

バスも通る道ですが、基本的に滅多に車は通りません。

この宿があるのは、中心部から離れていて、中心部や観光地に行くにはバス移動必須なのです!

だから安い、でも住宅地だから静かに過ごせる!

けれど近くにスーパーマーケットもあって

新鮮な野菜や果物が買えます!

欲しい分だけかごに入れる量り売りタイプ。

トマトも、枝付きとそうじゃないのの2種類!

お酒もパンも、必要なものは全部ここで揃いました。

宿から歩いて10分くらいです。

パフォスの風景

荷物を宿に置いたら、さっそく近隣の探索を開始!

なんと、宿のすぐ近くに「NINJUTSU(忍術)」というポスターが貼られた建物を発見!!

忍術!?

なにそれ、気になる!!!!

中を覗くと……柔道場のよう。

忍術というか、たぶん柔道とか空手とかを教える、武道教室っぽい。

町はこんな感じで、広い一軒家が並び、通りには木から落ちたオレンジがたまに転がるもののごみ一つなく、人も滅多に歩いていません。

そして猫がすごくたくさんいました。

近くには古い教会と、新しくて大きな教会があります。

こちらはは古い教会。

中に入ることができます。

新しい教会はΕκκλησία Παναγίαςというそう。名前が読めませんが……。

教会には鐘があり、朝、鐘が鳴る音が聞こえてきて、異国情緒をたっぷり味わえました。

さて、この教会から少し西に歩くと、遠くに海が見えました。

ここ、海岸が近いんだ!!!

せっかくなので、海を目指します。

海!

風が強いので、コート必須。

でもすごくきれい……

日の入りをのんびり眺めます。

キプロスの雑草のグリーンって本当に鮮やかで、太陽の光が当たったときの緑色の輝きには何度も目を奪われました。

私が散策したのは、Arcadia Village周辺なのですが、この辺りは海沿いに新しい住宅を建設ラッシュ。

値段を見ると、2千万円くらいで買えるようです。

ロシアの富豪が別荘を買うことが多いと聞きます。

どの家も大きい!

住めるなら住みたい……

パフォス城

さて、翌日。

バスに乗って市内中心部まで足を延ばし、パフォス城を見学に行きました。

13世紀に作られたお城を1780年頃修復したものだそう。

防波堤の上に建っています。

入場料を払うと内部を見学できます。

とは言っても、ほとんど見るところはなく、階段で屋上に上がれるので

屋上からの眺めを楽しむのみ。

辛口ですが、入場料を支払ってまで入る価値はなかったかなーと思います……

このお城よりも、海岸沿いに伸びる遊歩道をずーっと散歩するのがおすすめ!

海の上に突き出す通路から地中海を眺めたり

ところどころ設置されたオブジェ(彫刻)を眺めたりしながら歩くのが楽しいです。

間違えてパフォスをファフォスとツイートしてますが💦

海はほんとうにきれいでした。このあとリマソルにも行きましたが、ラルナカ、リマソル、パフォスだと、景色と海がきれいなのは圧倒的にパフォス!

Tombs of The Kings(王族の墓)

パフォスで一番の見どころだと思ったのは、ここ。

Tombs of The Kings。

パフォス観光について書いてあるまとめサイトやブログを見ても書いてない場所なのですが、本当に良かった!

お城より全然見るところあります。

Google Mapだかを見ていたら「こんなところに観光名所ぽい場所がある」と気づいたので行ってみたのですが、超おすすめ。

ただ、パフォス城や市の中心部から遠いので(バス利用)アクセスしにくいかも。

私は散歩がてら、宿から歩いて行きました。片道30分くらいだったかな。

パフォス城からだと、コーラルビーチ行のバスに乗って、Google Mapを見ながら、Tombs of The Kingsが近づいてきたら「降りますボタン」を押せば良いです。バスは片道1.5ユーロ。時間は10分くらいです。

Tombs of The Kingsは広い公園の中にある遺跡で、入場料が2ユーロかかります(確か)。

これは入り口のすぐ近くにあるお墓なのですが、ここよりもっと奥にあるお墓群がすごいです。

映画みたいでしょ?

階段を下りて、中に入れます。

お墓の多くが地下に作られていて、今は朽ち果てて緑で囲まれていています。

「すごい」としか言えません……

しかも近くに高い建物がないから、空がすごく広い!!!

片側には海が広がっています。

 

壮大……

ここだけで半日くらいいられます。

遺跡好きは必見の観光スポットです。

 

ただ、中には自動販売機や売店、レストランは一切ありません。飲み物は持参のこと。

近くには数軒、レストランがあります。

あと、歩いてすぐの場所にホテルもあります。

 

私が中心部から離れた海が近い住宅街の中に宿を取ったというのもあると思いますが、パフォスは本当にきれいで静かで居心地の良い町でした。

風景が美しくて、散歩がすごく楽しかったです。

キプロスは太陽を浴びた緑が美しいという印象、分かってもらえたでしょうか。

これ、一切の色調の編集はしていません。

目で見たままの色です。

パフォスは、また行きたいなあ。今度は1週間くらいゆっくりしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です