【2020ジョージア】クタイシ、Family Hotelに宿泊

クタイシで宿泊したのは、Family Hotel。

マルシュが到着するバス停からはちょっと距離があったので、タクシーアプリYandexで配車しようとしたら、なんとクタイシはサービス対象外の地域!

仕方ないので声をかけてきたタクシーに乗り込みました。

Family Hotel、宿泊客は私だけ

料金は言い値で10ギル。ちょっと高い気もするけど、まあいいかと乗り込んで「Family Hotel」と伝えのだけれど「どこ、そこ?」と分からない様子。

Maps Meに登録した地図を見ながら行ってもらいました。

ほんといつも思うけれど、宿を移動するときは、前日に新しく泊まる宿をMaps Meに登録しておくこと、大事!

Bookin.com Family Hotel

このホテル、チェックインして驚いたのですが、なんと宿泊客が私だけのようで、案内された2階のフロアは真っ暗。

けれどいくつか部屋を見せてくれて「どこがいい?」と選ばせてくれました!

大通りに面していない、静かなお部屋を選択!

デスクがあるのがやっぱり助かる。

窓からは連なる民家が見えます。

バスルーム。カーテンで仕切られた向こう側にシャワー。まあ、普通な感じ。

案内してくれたお兄さんに「これから電気のシステムをオンにするから、電気が使えるようになるまで2時間くらい待って」と言われて、ちょっと笑ってしまいました。

いままでいろいろな宿に泊まってきたけど、これは初めてだなー。

幸いまだ明るかったことと、ちょっと街を見に行きたかったので、それは問題なし。

「本当にこの宿、私しか客がいないんだ」

というのが強く実感できた不思議な体験でした(けっこう大きなホテルなのに……)

炭水化物攻めの朝食

このホテル、1泊1,400円くらいなのですが、朝食も含まれています。

朝食は2階のレストランで、ということだったのですが

だだっ広い空間に私一人!

そして寒い!!!(1月)

朝食が来るのを待つ間、勝手にエアコンをつけさせてもらい、暖を取りながら待ちます。

やってきた朝食はこんな感じで、パンと麦ごはんという炭水化物攻め。

目玉焼きとソーセージ。ジャム、お湯が来て「コーヒーか紅茶、好きな方を淹れて飲んでね」というシステムでした。

朝ごはん無料なのは嬉しいけど、果物と野菜のビタミンとみずみずしさが欲しかった……!

 

けど、あれだけ広い部屋で朝食付きでと考えると、かなりお安い。

クタイシ、他のホテルも安いところが多かったので、ゆっくり長期滞在もアリかなと思いました。

ホテルのロビー。

こちらはチェックアウト後、空港までのタクシーを呼んでもらい、タクシーの到着を待つ間に撮影。

こうしてみると、広くておしゃれなホテルなのですが……

レビューもいいホテルだから、もうちょっとお客さん入ってくれるといいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です