【2020ジョージア】Air b and b でトビリシの長屋に住んでみる

ヨーロッパやアジアの都市部の家って、通りに面してアパートがズラーっと並んでいるのですが、そのアパートってだいたい内側に中庭があって、中庭をみんなで共有して、中庭に各家が洗濯物を干していたりします。

日本のアパートやマンションとはまた違うのです。

つまりは長屋みたいな感じですね。

トビリシ5件目の部屋は、私も利用するのが久しぶりになるAir b and bで部屋を探してみました。

トビリシの”ローカルさ”を味わうCozy 1BR Apt

私が借りたのは、ファブリカから北西に500mほど離れたところにあるCozy 1BR Aptという名前のお部屋。

ホストはJiyanさんという女性で、予約をした時から丁寧かつあたたかいメッセージをすぐに送ってくれました。

通りに連なる「アパート」の間にある門からのぞいた中はこんな感じで

足を踏み入れると、コの字形の建物に囲まれた「中庭」が左手にありました。

私がAir b and bで借りたお部屋は、1階の突き当りの真新しいお部屋です。

くつろぎのソファスペース!

中庭が見えるキッチンは真新しくてとてもいい感じ。

奥にはこじんんまりとしたベッドルームが。

そしてベッドルームのさらに奥がバスルーム。

海外によくあるレインシャワー。手持ちのシャワーヘッドもあります。

そしてとてもありがたい洗濯機付き!

とても助かる!!!

細かいところまで気配りが行き届いたとても居心地の良いお部屋です!

これで、割引があって1泊約1300円くらいだったように記憶しています。

隣人のおじんちゃんとの交流

さて、このアパートのキッチンは中庭に面していて、カーテンも日本によくある「のぞき見防止」タイプではないので、中でお茶を入れたりしていると、中庭を通る住民の皆さんと目が合います。

すると、隣の部屋のおじいちゃんが挨拶にきてくれて

カップケーキを差し入れてくれました!

嬉しい……。

そして、甘すぎなくてとてもおいしい!

さらに翌日には

ピクルス3種類の差し入れも!

赤いキャベツとざく切りキャベツと、肉厚のピーマンみたいな野菜でしたが、どれもおいしかった~!

隣にはどうやら複数名の高齢者が住んでいるようで、皆さん目が合うと手を振ってくれたり笑いかけてくれたり、楽しく過ごせました。

近くには八百屋さんやパン屋さんも多くて、量り売りで野菜や果物を買う、パン屋さんで焼きたてのパンを買うなんて体験もでき、とても楽しかったです。

日本でも野菜、量り売りにしたらいいのにね。

そうしたら消費者が、ユーザーが好きな形や大きさのものを、必要なだけ買えるのでとてもいいシステムだと思うんですけどね。

Cozy 1BR Apt – 10 Min to FABRIKA & Metro w/Netflix

Air b and bを使いたい方は、こちらの招待URLからどうぞ。クーポンがもらえるのでお得です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です