【イラン旅行】エスファハン、イランホテルに向かう

カーシャーンからのバスがエスファハンにつきました。

バスを降りるとタクシーの運転手がそこかしこにいて、次々に声をかけてきます。とりあえず一人のタクシードライバーに「イランホテルに行きたいんだけど」と言うと、分かる、大丈夫、という風に頷いたので彼についていくことに。

スーツケースを持ってくれる彼の後についてタクシーに乗り込みます。

エスファハンは緑あふれる美しい街

まずはこちら、ご覧ください。

すごいでしょ。

緑のトンネルの中を走っていくような。

これ、エスファハンの街中です。

もうビックリしました。今までいろいろな街にいったけれど、こんなに緑が多い街って初めて!

初夏の日差しあふれる中、緑が眩しくて、タクシーの中で圧倒されていました。

……エスファハン、すごい……!!!

 

と、最初は思ったのですが、全ての場所がこんなに緑豊かなわけではないです(^^;

けれど、エスファハンの中心部は広い公園が広がっていて、やっぱり緑豊かでとてもきれいな街だと思いました。

イランホテルの前は歩行者天国。タクシーで乗り付けできない

さて、私がエスファハンで予約していたのは、イランホテル。

地球の歩き方にも掲載されていて、トリップアドバイザーでも評価が高いホテルで、日本人に人気があります。

イランホテル(トリップアドバイザー)

もちろんイランの他のほとんどのホテルと同じで、公式サイトからメールを送って予約をしました。

イランホテル(エスファハン)公式サイト

シングルをお願いしたところ「ダブルしかないのでそれでいいか」と返信が来たのでOKと返答。

1泊朝食付で130万リアル(約1400円くらい?)だったと記憶しています。

 

さて、イランホテルの場所を地図で見るとこんな風になっています。

中央のベッドのアイコンがある場所がイランホテル。

右側の緑は公園で、ホテルと公園の間の通りは街路樹が茂る歩行者天国です。

そして、ホテルの前の通りも車両乗り入れ禁止の石畳の通り!

もちろん、初めてエスファハンを訪れた私はそんなことは知らないので、てっきりホテルの正面までタクシーで行けるものだと思ったのですが、商店街の真ん中でドライバーがタクシーを止め「この先は車で入れないみたいだ」というジェスチャー。

え、でもどこがホテルなの!?(それっぽい建物が見当たらない)

と私がワタワタしていると、ドライバーが車を降り、私のスーツケースを引っ張ってホテルの前まで連れて行ってくれました。

けれどタクシーを止めた場所は車のすれ違いは無理な細い道。

ドライバーが私をホテルまで連れていく間に後ろには車の行列が……(汗)

ほんとゴメン、と思いつつ確かめるイランホテルの外観は、本当に控えめで、ひとりではたぶん気づかなかったような感じ……。

他の車の方には迷惑をかけてしまったけれど、ホテルの前まで案内してくれて助かりました。

イランホテルのお部屋はこんな感じ

入り口は質素でしたが、中に入るとしっかりフロントとロビーがありソファセットがあり、と見事にホテルでした。

チェックインを済ませて部屋に荷物を運びこみます。

こちら、ベッド。ずっしりした毛布が敷かれているのは、イランのどのお宿も共通。

そして、ペルシャ絨毯が敷いてあるの共通!

私のスーツケースとリュックが写ってしまっていますが、テーブルとチェアがあったので、PC作業しやすくて、ノマドワーカーとしては助かりました。

Wi-Fiも飛んでるしそこそこ速度は出るのですが、どうやら部屋ごとにPWが設定されていて、1回線しか接続できない様子。PCで接続しつつスマホでも接続……はできませんでした。

それから、朝9時を過ぎたら1時間くらい停電したり、急にWi-Fiが途切れて接続できなくなったりということもあり、「ネットにつながらない~汗」と困ったことも……。

トイレは和式。共用の場所に洋式トイレがあるそうですが、私はずっとお部屋のトイレを使っていました。

依頼しないと掃除が入らないシステムで、掃除の際は「ちょっと外に出ていてくれ、廊下のソファに座ってて」と有無を言わさず(笑)導かれました。

ルームクリーニングの際、お部屋で仕事をしているとそのまま私の周りだけ避けて掃除をしてくれるホテルにしか泊まったことがなかったので、「外に座ってて、すぐだから!」と出されたのは初めてでしたが、本当にあっという間で。ちょっと面白い経験だったかな。

イランホテルの朝食はとってもリッチ

さて、朝食は2階のレストランでビュッフェ形式です。

パンと、トマト、キュウリ、玉子、スイカを私はセレクト。

他にヨーグルトやシチューもありました。

クリームチーズとジャム数種類があり、どちらもとてもおいしかったです。

この食堂の場所、ホテルの隣の街路樹がある通りに面しているので

窓際に座ると街路樹が見えてすごく気持ちよいです!

鳥の鳴き声も聞こえます。

朝食は窓際の席がおすすめ。私が滞在していたときは、8時過ぎくらいにスタッフさんが来て窓を開けてくれました。

イランホテル、両替もOK

旅行中は両替が必要になることも多いのですが、イランで銀行に行って両替しようとするとすっごくレートが悪いです。

両替はホテルや両替商、空港を使うのがおすすめ。

ところがホテルの両替の場合、ドルかユーロでしか両替を受け付けてくれないことが多く、日本人は「困った!」となることも……

私はドバイ経由でイランに入国したのですが、ドバイで大量にディルハムをキャッシングしていたので、ディルハム→リアルにしたかったのですが、これがけっこう難しかった。

けれどイランホテルでは快く両替してくれました。

さらに(なぜか)香港ドルも持っていたので、それもリアルにして欲しいとお願いしたらOKしてくれて、とっても助かりました!

エスファハンで「円をリアルにしたいけれど、銀行に行くのは嫌だ……」という人は、イランホテルを訪ねてみてください。

立地も良くて、観光に便利だった!

イランホテル、近くにレストランも多いし、公園も多いし、イマーム広場まで歩いて15分くらいととても便利です。

イランホテル沿いの歩行者天国

スィー・オ・セ橋も、歩行者天国の通りを歩いてたどり着けるので、観光にはベストな立地だと思います。

スィー・オ・セ橋

チェックアウトするときに、ちょうどチェックインしてきた日本人のご夫婦とフロントで出会い、雑談を楽しめた場面もあり、「日本人に人気のホテルっていいかも」と思いました。

実は私、テヘランで5GのSIMを入れていたのですが、いつの間にか使い切っていて(まだ1週間も滞在していないのに)それを話したらご主人が

「5Gって、日本でも1カ月分くらいじゃないですか? あ、バッググラウンドでアプリの更新して通信量が増えちゃってるのかも。ちょっとスマホ見せてください」

と、設定を変更してくれました……

いや、ホント助かった(汗)

そんな出会いもあって、イランホテルに宿泊して良かった、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です