【イラン旅行】イランの飲み物はどれもおいしい!

私がイランに行く目的のひとつが

「イランの紅茶が飲みたい!」

でした。

昔読んだ本の中に「イランでは、紅茶を飲むとき、角砂糖をまず口に含んでからカップを傾ける。イランの乾燥した空気の中では、こうして飲むととてもおいしい」と書かれていたのが印象的で、「私もそのイラン式の飲み方をしたい!」とずっと思っていたのです。

ところがイラン、紅茶以外にもおいしい飲み物がいっぱいあったので、ご紹介します!

イランの紅茶

まずはお約束、イランの紅茶。

これは宿泊したホステルNoh Cham Boutique Hotelでウェルカムサービスとして出てきたお茶ですが、1杯5,000リアルで頼めます。

だいたい氷砂糖のついたバーが付いてきて、熱い紅茶に入れてクルクル溶かして飲みます。

氷砂糖を全部溶かすと、(日本人的には)甘くなりすぎるので、適度なところで引き出すのがコツ。

こちらは、エスファハンの Jameh Mosque of Isfahan 近くにある広場のカフェで。

ほとんどの場合、紅茶はガラスのカップで出てくるのですが、たまに中国式のカップで出てきます。

この時はサフランティーを注文。12,000リアルほどだったように記憶しています。

Jameh Mosque of Isfahan はイマーム広場から10分くらい歩いた場所にある静かなモスク。イマーム広場の喧騒に疲れてたら、ぜひこちらへ。

トリップアドバイザー Jameh Mosque of Isfahan

こちらもエスファハン。

イマーム広場を囲む回廊はバザールにつながっていて、女王様のモスク側(アーリーガープ―宮殿の反対側)の回廊にはカフェが数軒あります。そのうちの1軒、中庭に面したカフェでサフランティーを注文。

なぜか、「紅茶を飲みたい」と言うと「サフランティーにする?」と勧められることが多いです。

サフランの花とシナモンが付いてくるので、紅茶に入れて、氷砂糖付きのバーでクルクルします。

フルーツジュースが新鮮でおいしい!

こちらはヤズドの街中のフルーツパーラーで頼んだスイカジュース。

野菜や果物の自然な甘さを楽しみたいので「砂糖もシロップも入れないで!」と注文しています。

優しい甘さが街歩きで疲れた体に染みわたります……

お値段もだいたい10万リアルほど。

私はスイカが好きなのでスイカジュースを頼むことが多いのですが、イランの人達はニンジンジュースを頼むことが多いようです。

イランの野菜や果物は全てオーガニック。

そんなオプションもついていると思うと……おいしさが2倍、3倍に!

チアシード?入りの飲み物も多い

ヤズドのバザールの中にある、おしゃれなカフェで頼んだドリンク。

これが何なのかもう忘れてしまったのですが、チアシードみたいな細かいプツプツした粒が沈んでいます。

「味わう」というより、砂漠の街ヤズドは非常に暑くて乾燥していたので「喉を潤したくて一気に飲んでしまった」ため、味のレポートが(汗)

けれど、おいしかったことは覚えてます!

だけどおしゃれカフェだったので、お値段もそれなりだったような記憶。

Jameh Mosque of Yazd を囲むバザールの中にあるカフェです。

キュウリが入った、シーラーズ伝統のドリンク

シーラーズのレストランでどの飲み物を頼もうか迷っていたときに、お店の人に薦められたのがこちら。

なんでもシーラーズでは一般的なドリンクらしく(名前は失念)、キュウリが入っていて底には甘い液体が沈んでいます。

相席になったファミリーに「よく混ぜて飲むんだよ」と教えてもらい、グルグル掻き混ぜたところ、ビネガーが入っているのか、ちょっと酸味も。

とてもサッパリした味わいの飲み物でした。

 

紅茶はもちろん、おいしい飲み物がいっぱいだったイラン。なかでもやっぱり紅茶がおいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です