3年ぶりのマレーシア、エアアジアで深夜のフライト!

2019年の大型連休。

フリーランスの私には連休自体あまり関係ないのですが、おそらくこの期間は取材がはいらないだろうと予想し、海外に行くことにしました。

とはいっても、「10連休」と丸被りすると飛行機代がバカ高くなるので、高くなるギリギリ手前の飛行機を予約し、ゆっくりと海外を楽しんで(ノマド生活して)1カ月後に帰ってくる計画。

しばらく行っていないマレーシアに行きたくてたまらなかったで、行先はマレーシアと

ずーっと憧れでいつか行きたいと思っていたイランに行くことに!

ルートは

日本⇒マレーシア⇒(乗り継ぎ)ドバイ⇒イラン⇒(乗り継ぎ)ドバイ⇒マレーシア⇒日本

で決定です!

深夜のフライト、快適さを狙ってエアアジアのクワイエットゾーンを予約

というわけで、日本を4月23日深夜に出発し、翌朝早朝クアラルンプールに到着するエアアジアを予約しました。

エアアジアでは、毎日23時45分羽田空港発、翌朝6時クアラルンプール国際空港に到着するフライトがあります。

飛行機の中で寝て、朝現地に到着するって、すごく理想的な旅のように思えるでしょ?

……でも実は、そうではありません。

この便を使ってマレーシアに行くのは2度目ですが

全然寝られません!

翌朝マレーシアに到着したとき、寝不足で辛かった記憶が……

 

けれど、友人から「少し料金は高くなるけれど、クワイエットゾーンなら隣が空いている可能性が高くて、空いていれば横になって寝られる」という話を聞いたことがあるのを思い出し

寝られるならそれが最高だと、クワイエットゾーンを予約しました。

ちなみにクワイエットゾーンとは機体の前方、ホットシートと普通のシートの中間に位置します。

シートの広さ自体は普通席と変わりませんが、10歳以下の子どもは座れない席で、より静かな環境が保証されています。

クワイエットゾーンを指定するには数千円の追加料金が必要。

けれど数千円で横になれる(もしかしたら片側3席を独り占めできる)というのは魅力的すぎる……!

 

というわけで、クワイエットゾーンを初予約です。

予想外、激混フライトでクワイエットゾーンほぼ満席

ところが……

この日は日本の大型連休の前、値段がつり上がる直前の安いフライトだったこともあり

激混でした。

 

当日。地元の駅からリムジンバスで羽田空港に到着し、手荷物を預けにカウンターへ向かおうとすると、なにやらエアアジアのカウンターがある場所からずーっと遠くまで人の列が……

しかも、女性の大半がヒジャブ(イスラム教徒の女性が髪を隠すために被るスカーフ)をかぶっている……

これはもしや、エアアジアにこれから乗る人の行列⁉

 

自宅を出る前にwebチェックインをし、座席指定をした時は隣が空席だったけど……大丈夫か?

 

と思いながら行列に並び、待つこと約30分。

荷物を預けて、先日ハイクラスのクレジットカードを取得したので空港ラウンジ(スカイラウンジ)で出発前の仕事を一つ片付けてから搭乗したのですが……

 

げげ、クワイエットゾーン、ほぼ人で埋まっている!!!!

 

私は3列並んだシートの通路側を指定したのですが、隣2席にはカップルがご搭乗。

非常に残念ながら、横になって寝てマレーシアに到着する

という夢は藻屑となりますが……

全然眠れないよ、エアアジアの深夜便

はい、これが2回目のエアアジア深夜便のフライトでしたが

ぜんっぜん眠れませんでした!

うとうとしたのかどうか、というレベルで眠れませんでした……(涙)

これなら普通のシートでも良かったよ……

 

一応暗くはなるんだけどね。

クワイエットゾーンなので静かなんだけどね。

 

でも、シートが狭すぎて眠れない。

 

私はそんなに体が大きい方ではありませんが、女性で普通サイズの私ですら「狭くてつらい」と思うので、男性や体が大きい外国人の方はさぞつらいことでしょう。

 

でも、使っちゃうんだよね、エアアジア。

眠れないけど。全然眠れないけど、安さには……安さにはかないません。

 

けど、フルフラットになるエアアジア版ファーストクラスも、片道6万円くらいで予約できるらしいので

もう少し裕福になったら、フルフラット席を予約してみたいと思います!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です