良い眠りに枕は不要

  • 0

良い眠りに枕は不要

Category : 未分類

先日、身体の歪みと質の良い眠りについて書きましたが、眠りについて、もう一つ。

眠りが浅い、良く眠れるために、と高価な枕を買い求める方も多いようですが
整体を行っている身から言わせていただくと、枕は必要ありません。
眠りが浅いのは身体の歪みが大きいからです。
私自身も10年近く枕を使用しておりませんし、私の信頼する整体師の方々も揃って「枕は使わない」と言います。

せいぜい、タオルを畳んで頭の下に入れるくらいです。高さにして2センチほどでしょうか。
何故か?

枕を入れて頭を高くした体勢というのは、うつむいている体勢と同じです。
首の後ろ、肩の筋肉が前へ引っ張られて余分なプレッシャーが与えられてしまうのです。
リラックスしていない筋肉は血流が悪くなり、結果痛みを引き起こします。
また、女性であれば気になる首の横シワ。
これも枕により寝ている間、うつむいている姿勢が続く事が原因であると言われています。

ささやかな自慢ですが、枕を使わない私の首に、横シワはありません。

高価な「よく眠れる」枕を買い求めるよりも、きちんと身体の歪みを整えれば、枕は無しでも熟睡できますし
首のシワも出来ません。
何より、身体が楽になり、無理のない自然な心地よさが持続します。

一つ注意したいのは
身体の歪みはマッサージでは治りません。誤解されがちですが、整体とマッサージは違います。
筋肉を押して刺激するのではなく、緩めてあげなければ根本的な解決にはなりませんよ。


About Author

funwari

funwari

ふんわりの整体師です。川崎市宮前区神木本町と、駒沢大学の近くで整体をしています。