立った時の感覚が変わる

  • 0

立った時の感覚が変わる

Category : 未分類

整体が終わって床の上に立ってもらった時、

「あ、ちゃんと立ててる感じがする」

「足がしっかりしてる」

と仰る方が複数いらっしゃいます。

ある方は

「足の底が床にたくさん触れているのが解る。ゾウの足になったみたいです!」

と嬉しそうに話してくれました。

これは、足が太くなったという意味ではなく、しっかりとグランディングしているのが解る、という意味でした。

ふんわり ゆるゆる整体 手技

ふんわり ゆるゆる整体 

整体をして身体のゆがみが整うと、重心が身体の中心に戻ってきます。

重心が左右にぶれていたり、上の方にあってフラフラしていたのが、正しい位置に戻ると、「しっかり立てている」「重心が下にある」という感覚になるのです。

本来であれば、それが自然の状態なのですが、どうしても日常生活の身体の使い方の中で、身体にアンバランスが生じ、重心がずれていってしまいます。

ずれた重心のまま、けれど身体はなんとかバランスを保って、立ったり座ったり歩いたりしようとして、身体が歪んでいってしまうのです。

重心がずれている、バランスが悪くなっている、という自覚があるのは、とても身体に敏感な方で、多くの方は重心がずれている事にも気づかず毎日を過ごしています。

けれど、それも身体がなんとか日々の生活で動けるように頑張ってくれているおかげ。

定期的にバランスを整え、重心を真ん中に戻し、身体に「毎日がんばってくれてありがとう」と、お礼をして頑張りから解放してあげる時間を作る事は、健やかに毎日を生きる上でとても大切な事なのです。


About Author

funwari

funwari

ふんわりの整体師です。川崎市宮前区神木本町と、駒沢大学の近くで整体をしています。