食が身体を作る~ベジタリアンという食生活

ふんわりは、自然食カフェvegebonさんの2階をお借りして施術しています。

vegebonさんのお料理は、動物性のものを一切使わないベジタリアン・ヴィーガン料理です。

私自身もゆるいベジタリアンで、卵とミルクはOK,肉と魚と魚卵は食べない、外食の時は出汁は諦めて気にしないようにする、という生活を2007年から送っています。

そして次第に買うものも、スーパーで売っている野菜よりは、農薬を極力使っていない野菜を多く扱うお店へ行って買う、お米は農家さんから直接買う、白い砂糖はやめて、てんさい糖を選ぶ、といったスタイルに変化してきました。

当然の事ですが、口から入れるもので肉体は作られます。

骨も筋肉も血液も髪の毛も皮膚も、「食べたもの」から作られています。

肉や魚を食べていた生活から、食べない生活へ変化した時に、私の身体にもいろいろな変化が起きました。

便秘の解消、どころか信じられないくらいの快腸、汗のにおいの変化、身体の軽さ、花粉症の消失…などなど、書ききれないくらいです。

けれど、社会生活を送る中で、会社の飲み会や友人同士の集まりでの食事で難しさを感じる事も…。

 

ベジタリアンに興味がある方、菜食生活を試したい方、また食や健康に悩みをお持ちの方。

私の経験から、アドバイスをしたり、お話出来る事があるかもしれません。

食は身体をつくり、同時に心もつくり、健康を作ります。

食についても、お話したい事がありましたら、どうぞお気軽に話しかけて下さい。